乙104の90

skybluegのブログにおける「大好きな先生の支援活動グループ:募金のお願いm(__)m」平成23.03.28

VSC支援会のホームページにおける「東北地方太平洋沖地震への募金ご協力のお願い」(掲載は平成23.03.25)の貼り付け記事

 

(チャリティーコンサートチケット売上代金等返還請求事件甲31の1より)

 

ベトナムストリートチルドレン支援会の理事長であり医師の桧田仁氏も被告の被害者の一員であること。

 

被告が募金目的を①小さな子供たちのための治療費の補助と称して集金し,「お預かりした募金は,必ずどの様な医療に使われたのか分かるよう明確にして参ります。」と公約していながら(甲43・甲311)実際には,チャリティコンサート終了後は②「長い月日をかけて復興していく東北地方の皆さんが,今何を考えて何を欲していらっしゃるのか,皆様にお伝えすることが一番の目的であります。」と改竄し,その後さらに③被災地の小さな図書室を開設するための準備金の一部(甲46)と改竄し,最終的に④学習支援システム(甲30)へと改竄した事実。

 

①「治療が必要にも関わらず医療を受ける事が困難な家庭のお子様や,妊婦の方,また小さなお子様を持つご両親様を対象に,医療費の補助を行う為の募金を募ります」(甲43),「対象になる方の選出は,桧田より現地の医療機関を通して行っていただき,お預かりした募金は,必ずどの様な医療に使われたのか分かるよう明確にして参ります。」(甲43,甲311

 

②「陸前高田市・高田高校仮設住宅敷地内に建設される集会所に小さな図書室を開設するための準備金の一部として利用させていただきます。」

 

③「尚,次回繰越金のうち150,000円は陸前高田・高田高校仮設住宅自治会に寄付いたしました。居住する学生生徒に向けて学習支援システム導入等を検討したい(略)」

 

「東北地方復興支援の会 港北」責任者である被告が,意図的に下記文言を一部削除した事実は,日本国の被災者に対する医療費の財政支援を知り得たことにより,虚偽の事実である「小さな子どものための医療費の補助」との使途を意図的に証拠削除し隠滅したこと。

 

対象になる方の選出は,桧田より現地の医療機関を通して行っていただき,お預かりした募金は,必ずどの様な医療に使われたのか分かるよう明確にして参ります。」