乙22

「EFil」2011 Jul/Aug. Vol.11  平成23.06.01発売

(証拠説明書より)

 

原告が一私人とはいえないこと。

 

原告が著名な作家を利用して売名活動に励んでおり「作家・池澤夏樹氏は前夫」とのキャッチフレーズによって,さまざまなメディアで活動し利益と恩恵にあずかっていること。

 

原告の座右の銘が「,いいか」であること。