法律事務所ヒロナカHP|費用

平成25.11.12

 

(証拠説明書より)

 

原告が「超高額金員奪取目的の名誉毀損ビジネス訴訟」を提起した事実。

原告が意図的に被告らへの直接の交渉を避けて相談料金だけでも従来の規定の3倍という1時間3万円もの高額費用を要する弁護士ら5名を手回し良く雇い入れていた事実。