資料第90号

原告の「天国のお姉さまへ」と題するコメント 平成23.02.22

 

(証拠説明書より)

 

原告が心にもない欺罔行為をはたらいて被告ベラを錯誤させてきたこと。

 

天国のお姉さまへ
お姉さまからの優しいお便りに,私のほうこそ「感激ちゃん」になってしまいました。 1999年の感想ちゃんのことを思うたびに,もし許していただけるなら,何も言わずにぎゅっと肩を抱きしめたくなります。お姉さま,いつも変わらなかった その優しさで,どうか感想ちゃんを守ってあげてください。そして,いつか私たちがお姉さまの思い出をたくさん一緒に語れる日が来ることを,どうか待ってい てください。ありがとうございました。

Posted by 天国のお姉さまへ at 20110222 10:29