乙4の48

原告のブログ「ナオミライクな日々」における「What a hospitality!~ANAに物申す」平成22.04.16

 

(証拠説明書より)

 

原告が自らの社会的評価を低下させる記事をブログに書いて公開していること。

 

原告が著しく非常識で規則を守らず特別な取り扱いを強要して恥じない傲慢な人物であること。

 

原告が航空機待合室において,資格がないにもかかわらず,ビジネスクラスのチケットを持っている後夫と同様のサービスを受けさせろとの不当な特別扱いを強要し,当然の如く断られたことをもってホスピタリティーがないと逆恨みの記事を書いて堂々と公開していること。

 

ビジネスクラスの乗客が使えるラウンジに行って出発までの時間を過ごそうとしましたら,カウンターのお綺麗な若い女性が,物腰は丁寧ながらもいかにもマニュアル通りの言い方で,

「お客様はお入りになれません。こちらはビジネスクラスとファーストクラスのお客様専用でございます。」

 私が,「ちょっと打ち合わせがありますので,ただそばに座らせていただけるだけでかまわないのですが。」 と言おうが,ANAさんのフリークエントフライヤーで,いつも利用させていただいております。」 と言おうが,顔色ひとつ動かすでもなく,「お客様はお入りになれません。申し訳ありませんが規則でございますから。」 の一点張り。

 仕方なく夫だけ送り込んで私は別のところで時間をつぶそうと思っていたら,「いや,僕が君に合わせるよ。」 と夫。


 二人でまたガラガラとバッグを引きずって,ラウンジを後にしました。そんな様子を見ていても,くだんの女性,当然のサービスを放棄した一人の乗客に対して,「すみません」 の一言を言うでもありません。

 これがいったいホスピタリティーと言うものでしょうか