乙99の23

原告のブログ「ナオミライクな日々」における「深夜の雨に広がる思い」平成22.07.13

 

(証拠説明書(4)乙99の232より)

 

原告が原告の同胞である在日韓国人であるつかこうへい氏の遺言の一部を自身のブログに書いて紹介し一般公開した事実。

11月の仕事の打合せで横浜へ向かう電車の中で,朝刊を広げていたら,10日に62歳で亡くなった劇作家つかこうへいさんの遺書が載っていました。「死んだら開けるように」 とマネジャーに手渡されていた遺言です。

 

 最後はこんな言葉で結ばれています。
『信仰する宗教もありませんし,戒名も墓も作ろうとは思っておりません。通夜,葬儀,お別れの会等も一切遠慮させていただきます。しばらくしたら,娘に日本と韓国の間,対馬海峡あたりで散骨してもらおうと思っています。