資料第267号

原告の記事「ナオミライクな日々」における「夢は時に多くのことを語り」平成23.09.19

 

(証拠説明書より)

 

原告があえて前夫のマイナスの部分だけを強調して,前夫と結婚した当時の原告に下心がなく,原告と池澤夏樹氏とが対等であったかの如き印象操作を実行し,(略)池澤夏樹氏の「家柄」,池澤夏樹氏の実の父親である福永武彦氏の「作家」という「職業」,「仏文学者」「学習院大学教授」という「肩書」,「東大卒」という「学歴」,「血筋」等など(略)で結婚したこと。

将来の当てもない風来坊