乙4の28

原告のブログ「ナオミライクな日々」における「出会いの不思議 ご縁の恵み」平成23.08.05

 

(証拠説明書より)

 

原告が自らの社会的評価を低下させる記事をブログに書いて公開していること。

 

原告の仕事に取り組む姿勢に甘えがあり,いい加減であること。

 

原告が取引先の最高責任者と癒着した関係にあること。

 

原告が取引先とされる日本秘書協会・理事長である石川愛氏と約束した日時と時間を忘れて,同理事長をすっぽかし,約束の日時を翌日に変更させ,ランチをごちそうになり,その温情に甘える形で,新たな仕事を与えてもらうという,およそ取引先との関係とは言えず,ビジネスライクとはかけ離れた手法を自身のブログで公開していること。

 

(証拠説明書乙4の34より)

原告と取引先最高責任者との関係がビジネスライクとは言えず不適切な関係にあること。

 

米国で,原告が後夫の家を避けて,同協会理事長・石川愛氏が予約したダブルベッドが2つあるスイートルームに同宿させてもらったことを書いて公開していること。

 

(証拠説明書乙4の94より)

 

原告が自らの社会的評価を低下させる記事をブログに書いて公開していること。

 

原告が取引先の最高責任者である石川愛理事長との癒着とも言うべき不適切な関係を自身のブログに公開していること。

 

原告が70歳を過ぎた老女を褒め殺しにして利益と恩恵にあずかっていること。

 

原告が老夫と一緒に行くよりも石川愛理事長と豪華なホテルの部屋に同宿する方を選んだこと。

 

我が尊敬する師にして,勝手に姉のように慕っているアイさんのことは,これまでも何度かこのブログで書かせていただきましたとの,石川愛氏を尊敬する師とする提灯記事

 

ところがここで思わぬ障害が(笑)!
「僕も一緒に行っていい?」と言う夫。
「アムトラックでガタゴト行くより,僕の車で行ったほうが向こうでも動きやすいと思うよ。」

「あ,,あの,もちろん大歓迎だけど,私たち女同士でちょっとすることもあるしィ。ホテルも,アイさんが大きなダブルベッドが二つあるお部屋を取ってくれているしィ。」
,先制をする私。

 

 (証拠説明書(4)乙145より)

「天野ベラのブログ」における「海老で鯛を釣り,お金持ちにタカる,三位一体となった業突張りのルーツを,池澤ショーエンバウム直美氏のブログに見る!」平成25.05.13

 

「天野ベラのブログ」記事で被告ベラが指摘したことによって,原告サイドがブログ記事(乙4の28・「出会いの不思議 ご縁の恵み」,乙99221・「アシェットのバレンタインディナー@JAPAN」,乙5の8・「バスクよりは日本気分で「白い花」@フィラデルフィア」,乙5の9・「全日空7月のメニューは」)を全文削除し,原告のブログ記事(乙140・「江戸時代のお鮨」,乙5の11・「やっぱりブルークラブよりは日本の蟹が,,,」)の一部削除或いは修正を行った事実。

 

被告ベラの指摘が的を射ていたことから,原告は社会的地位の低下を早い時期に防げたとともに名誉回復が可能となり被告らに感謝すべきであるとともに名誉毀損の違法性を欠くことこと。

 

原告が一般公開した原告のブログ記事を被告ベラが「天野ベラのブログ」で批判したこと

 

さらには,トマス氏が米国で入院中なのをいいことに,帰国して誰かと築地のお鮨屋さんに行き,お鮨を握っている板前さんの写真を,客席から撮影しまくっては,『宮下さん』という実名とともに『いい男』と2回,『男前』だと2回,記載して公開した2012年8月15日『江戸時代のお鮨』同年同月16日の『やっぱりブルークラブよりは日本の蟹が,,,』という料理ブログ記事を思い出したので,下記に貼っておく。