乙4の96

原告のブログ「ナオミライクな日々」における「フィラデルフィアへ、そしてまたワシントンへ~アイさんとの時間 」平成23.09.25

 

(証拠説明書より)

 

原告が自らの社会的評価を低下させる記事をブログに書いて公開していること。

 

原告が取引先の最高責任者である石川愛理事長との癒着とも言うべき不適切な関係を自身のブログに公開していること。

 

原告が70歳を過ぎた老女を褒め殺しにして利益と恩恵にあずかっていること。

 

原告が石川愛理事長から海外でスイートルームを予約してもらって同宿したこと。

このフィラデルフィアのホテルの,広いスイートの大きな居間の,沈んでしまうように低すぎる椅子にすわって,となりの寝室で眠るアイさんが起きてくる前にこれを書いています。

 

(証拠説明書(4)乙99の155より)

 

被告コグが平成24年2月18日に「kogchan blog」で指摘(甲13の5)し被告ベラが「天野ベラのブログ」で平成24年2月25日および同年10月23日および平成25年1月15日に指摘(甲3の25,甲1016,乙146)したことによって,原告サイドが石川愛氏の個人情報である下記の削除を行った事実。

 

このフィラデルフィアのホテルの,広いスイートの大きな居間の,沈んでしまうように低すぎる椅子にすわって,となりの寝室で眠るアイさんが起きてくる前にこれを書いています。

 

少しずつそれらのことを書いていきたいと思いますが,このまだ暗いうちに私は大急ぎでこれを書き上げてしまわねばなりません。

 

そして,それにも増して楽しかったのは,アイさんと一緒に過ごす時間でした。私たちはまるで女学生の旅行のように,朝起きてから夜寝るまで,話し続けました。いくら話しても話し足りず,いくら聞いても聞き足りず,いくら笑っても笑い足りず,時には共にしんみりし,ある時は一緒に憤慨し,時間がいくらあっても足りません。書きかけたブログもなかなか先に進みません。書くことはまたすぐに始められる,でも,こうしてアイさんと過ごす心豊かで幸せな時間は限られている,と思った時に,私は書くことを諦めました。

 

アイさんは日本に帰るまでの間,もう少しここに滞在します。

 

資料第20号

(証拠説明書(4)乙146より)

被告ベラのブログ「天野ベラのブログ」における「これが「タカリトリオ」の親玉・池澤ショーエンバウム直美氏のタカリの手口だ! 日本秘書協会理事長・石川愛氏へのタカリ証拠集ならびに「グローバルキッチン」が,服部たまい氏による「夢のゲストを招く食卓」のパクリと考えるに至った根拠」平成25.01.15

 

「天野ベラのブログ」記事が正当な批判であり,原告サイドが原告のブログ記事(乙4の66・「パソコンから離れて」)を全文削除し,ブログ記事(乙4の96・「フィラデルフィアへ,そしてまたワシントンへ~アイさんとの時間」)の一部削除或いは修正を行った事実。

被告ベラの指摘が的を射ていたことから,原告は社会的地位の低下を早い時期に防げたとともに名誉回復が可能となり被告らに感謝すべきであるとともに名誉毀損の違法性を欠くことこと。