乙5の16

原告のブログ「料理冒険家『池澤ショーエンバウム直美』のグローバルキッチン」における「お料理不要の素敵なホームパーティ@USA」平成21.09.03

 

(証拠説明書より)

 

原告が自らの社会的評価を低下させる記事をブログに書いて公開していること。

 

原告が社会的地位の高いご夫妻の実名と年齢など個人情報を挙げて娘さんのご職業をも公開するとともにその娘さんの子供たちでありご夫妻にとって孫息子にあたる17歳15歳の少年が「自閉症」であることを無断で公開しプライバシーを侵害する記事を原告自身の生活(乙4の84)料理(乙5の16)2件のブログ両方に書いて公開していること。

 

相手が外人で原告のブログを読んでいないのをいいことに,不幸なプライバシーを躊躇なく自身のブログで公開する原告の行為が「攻撃」であるとともに幸福な人の不幸を公開することによって原告が心のバランスシートを整えずにいられない人物であること。

招待状の主は,ロースクール学部長ルイと弁護士フランソワ夫妻。
夫婦そろって超多忙な上に,ン?たしかフランソワは料理は苦手って言って
いなかったかしら・・??
そんな事をフト考えた私でしたが・・・

 

実はこのパーティーの秘密は。。。。。ケータリングでございました! 
しかも2名のプロのメイドさんつき♪ルイとフランソワは料理を作る手間もなければ,汚れたお皿を洗うことも
ありません。

きっとお金がかかったことでしょう。

 

そんな,目からウロコのセレブなパーティから一夜明けて,私たちがワシントンに戻ったのを見計らったかの様に,ルイから電話がありました。

「いやあ,昨晩はありがとう! 

 

僕たちも今ワシントン。今朝5時に出て車でやってきたんだ。

 

いつか話したよね。

15歳と17歳の自閉症の孫息子たちのこと週末は僕らが代わって孫たちの面倒を見ているのさ