乙39

下重暁子のエッセイ教室の被告ベラの「ハイヒールの音」平成16.10.19

 

(証拠説明書より)

 

原告が他人の悲しみや苦しみを忖度できずに,自分の不満や身勝手な怒りを優先させて礼を失する,非情で心ない人物であること。

原告が被告ベラの亡父を偲ぶ会で公子氏と被告ベラの前に大きな靴音とともに現れ言葉もかけずに睨みつけるような形相を見せるが早いかそのまま立ち去ったこと。