乙150

フジサンケイビジネスアイ編集長が感動した,誤報時の広報対応とは?

(証拠説明書より)

被控訴人が平成8年ころ,新宿のバーで夜のアルバイトをしていた事実(乙28)は,発行部数15万1000部を誇るフジサンケイビジネスアイ誌のブログ版であるフジサンケイビジネスアイ“脱”団塊アフレッシュサイトにおける「Shall We Afresh?」において,2007(平成19)年5月12日に一般公開された「カウンターのすすめ」と題する記事等(乙3の1)により,大量の閲覧者により閲読され,周知されていた(乙276)と推測されること(乙149)。